前田祐里

 

3歳でヤマハ音楽教室で学ぶようになり音感教育幼稚園にて絶対音感を身につける。
6歳より作曲を学び始め'93には国境なき医師団、ヤマハ主催、フランス パリの”サル・プレイエル“にて開催された

ジュニアオリジナルコンサートに出演、テレビ放映。
'98年ウィーン音楽コンクール・イン・ジャパンにて中学生の部1位ならびにウィーン市長賞を受賞。

2000年菊里高校音楽科入学。大口光子氏に師事。

2002年ドイツにて行われた、“青少年のためのエトリンゲン国際ピアノコンクール”でファイナリストとなりドイツ留学を決める。
菊里高校音楽科卒業後、ヤマハ音楽支援制度の奨学金を受け、すぐに渡独。
翌年、マンハイム音楽大学(ロベルト・ベンツ氏に師事)に入学、2009年に満場一致の最優秀の成績で卒業する。
2007年青少年バルレッタ市国際ピアノコンクール(イタリア)にて1位ならび古典ソナタ賞をモーツァルトソナタで受賞。
2007年、2008年マッカーニョ市国際ピアノコンクール

(イタリア)にて1位なしの2位を二度受賞。
同年ステファーノ・マリッツァ国際ピアノコンクール(トリエステ・イタリア)にて2位受賞。
2009年ロヴェレドーロ国際コンクール青少年室内楽部門で1位受賞。

今までにDeutsche Staatsphilharmonie Rheinland-Pfalz

(ライン ラント=プファルツ州立フィルハーモニー管弦楽団) 、 サントロペ市内で行われたピアノフェスティバルにてフィリップベンダー指揮Orchestre de Cannes(フランス、カンヌ管弦楽団)、Philharmonie Baden-Baden(バーデンバーデンフィルハーモニックオーケストラ)、名古屋室内管弦楽団と共演

2008年にイタリア、ミラノ Teatro Dal Verme にてソロリサイタルデビュー後、イタリア(ミラノ、マッカーニョ、トリエステ他)、スロヴェニア、クロアチア、オーストリア、ドイツ(マンハイム、ハイデルベルク、ヘッペンハイム、マルシュ、ヘムスバッハ、バーデンバーデン、ルードヴィクスハーフェン、カールスルーエ、ヒレスハイム、ヴィルヘルムスハーフェン、ヴァインハイム他)、フランス(パリ、ニース、サントロペ、ボンソン)などでリサイタルを行う。
2010年より3年連続ヤマハYPFピアノフェスティバルにてゲスト演奏。
2013年マンハイム音楽大学ソリステン科を卒業、国家演奏家資格を取得。
2014年にNHK-FM リサイタル・ノヴァ出演
2010年より、ニース国際ピアノコンクール審査員を、これまでにK音楽コンクールやイモラピアノオーディション等の審査員をつとめる。

 

http://yurimaeda.com

今木智彦

 

大阪府立夕陽丘高校音楽科、東京芸術大学、同大学院を経てスイス・ドムス財団奨学金を授与され2013年カールスルーエ音楽大学大学院修了。

 

ファゴット奏者としては大阪国際音楽コンクール他入賞、武生国際音楽祭、ラフォルジュルネ・オ・ジャポン、北九州音楽祭を始め数多くの音楽祭、(財)地域創造主宰公共ホール活性化アウトリーチフォーラムなどに参加。 2008年の東京でのファーストリサイタルを皮切りに日本、ドイツにてこれまでに多くのリサイタルを行う。

 

室内楽奏者としては木管五重奏団”さくら”のメンバーとして東京芸大室内楽定期演奏会に2年連続出演。Freundenkreis -フロインデンクライス-室内楽コンクールにてトリオ・ダンシュで優勝、2011年、ユーディ・メニューイン財団”ライフ・ミュージック・ナウ”参加など、内外で幅広く活動している。

 

ジャパン・アカデミー・フィルハーモニックをはじめ、名古屋室内管弦楽団などに指揮者として登壇、アマチュアのオーケストラや吹奏楽の指導にも力を注いでいる。

 

また、バロック・古典の演奏法の講座、ピアノ指導者・生徒向けの管楽器を用いたフレージングや呼吸法のワークショップの講師として各地から招かれている。

 

これまでにファゴットを星野則夫、日名弘見、岡崎耕治、ギュンター・プフィッツェンマイヤー、ダヴィット・トマス・レアルプの各氏に、室内楽を三界秀実、小林裕、四戸世紀、水谷上総、山本正治、エドゥアルト・フルンネル、ウォルフガング・マイヤー、トーマス・インダミューレ、ロベルト・べンツの各氏に師事。